工場の求人の選び方のポイントを3つ紹介!


通勤にかかる時間や交通費

工場の求人に応募するとき、必ず気にしなければならないポイントが通勤にかかる時間です。通勤をしている時間は働いていませんが、自由に使えない時間でもあります。徒歩や自転車で通勤する場合にはそれなりに体力を消耗しますし、電車の場合でも必ず座れるとは限りません。交通費が会社から支給されない場合には手取りの給料がその分減るのと同じです。寮に入る場合には自宅からの通勤時間に関しては考える必要がなくなりますが、寮から工場までの距離、送迎のバスがあるのかどうかなどを確認しておく必要があります。

求人に書かれている給料はあくまで目安?

工場の仕事は残業が多いので、求人に書かれている給料はあてにならないことがあります。日給が8千円と書かれているのに、月収の目安が30万円などと書かれていたらおかしいと思うでしょう。そのカラクリは残業手当や夜勤手当などにあります。夜勤の有無についてはあらかじめわかっている場合が多いですが、残業の有無については求人に応募する時点ではほとんどの場合わかりません。残業がどれだけあるかによって給料が変動することは工場の仕事の特徴です。

入寮する場合には家賃にも注目

自動車期間工の求人には「寮費・水道光熱費無料」とよく書かれていますが、そのように好条件の仕事はむしろ少ないと言えます。一般的なワンルームマンション並みの家賃がかかってくることもあるので、求人をよく読んだうえでそれでも不明な点があったら面接の時などに確認をしておきましょう。水道光熱費についても、「水道料金は会社負担だが電気代は自己負担」「水道光熱費は給料から天引きされる」「振込用紙で自分で支払う」など会社によって福利厚生の内容が異なります。

期間工とは働く期間が決まっている労働者のことで、金銭面での待遇は良く、繁忙期の工場で流れ作業などの仕事が多いです。