自分に合った働き方をするためのポイント!期間工の仕事内容と探し方


期間工の特徴と募集の時期

期間工とは、日本の大手自動車メーカーや電子部品の製造メーカーが生産の増加に伴って期間限定で雇用をする働き方のことです。

一口に期間工と言っても大きく定期的募集と不定期の募集に分かれていて、定期の募集の場合は多忙期にあたる3~4月、9~10月に募集をすることが多いとされています。

前述したように期間工の仕事は原則働ける期間が決められていますが、勤務態度や仕事の能率によっては期間後に正社員として登用されるケースも少なくありません。

期間工としての仕事内容と働き方

仕事内容は勤務地によって異なりますが、主に流れ作業のような単純な物がメインとなっています。そのため、働くために専門の資格や技術を取得する必要はありません。とはいえ、いくら単純作業とは言っても、自動車部品のパーツの組立てなど体力や腕力が必要となるのは否めません。

過去に肉体労働の経験がない人は仕事に慣れるまではキツイと感じることも多く、続けていくには繰り返しの単純作業をこなす根気と強い意志が必要です。

期間工は3ヶ月、6ヶ月といった一定の期間で契約を更新して働いていくのが基本で、1つの場所で働き続けられるのは2年11ヶ月と法律で定められています。

働くための求人応募の流れ

一般的な仕事の求人とは異なり期間工は派遣会社を経由して求人を募集しているのが特徴です。そのため、期間工として働く場合には、まず派遣会社に登録をして、面接時に希望の勤務先を伝えるのは基本的になります。

希望を伝えたら後日メーカーが個別に主催する選考会で筆記や体力試験、面接を受けて合格して始めて期間工として働くことができるのです。企業によって採用率は若干異なりますが、平均9割前後と高い数字になっています。

期間工の求人は自動車メーカーの工場など製造ラインの仕事が中心で、未経験者でも働きやすいのが特徴です。