住み込みで節約しながら稼ぐ!工場の求人の魅力


住み込みの仕事ってどんなもの?

住み込みの仕事は名前の通り、工場を持つ企業が所有または賃貸契約している物件に短期間または長期間住み込んで働くスタイルを指しています。工場によっては下宿という形でアパートなどを利用するケースもあり、家賃や光熱費は給与から差し引かれる形となります。このため手取りの収入は全て自分たちが自由に利用できるというメリットが特徴で、次の仕事が見つかるまでのつなぎや住むところが見つかるまでのつなぎとして応募している人が多いようです。

住み込みの仕事の選び方

まず住み込みは主に工場関連の求人で募集されているので、どのような工場でどのような仕事をするのか確認しておく必要があります。場合によっては夜勤が入ってくる可能性もあるので、その点を含めて給与面がどのようになっているのか、住み込みの間の家賃や光熱費、食費などの徴収がどのようになっているのかも確認しておくといいです。

これらのポイントが自分の希望する条件に当てはまっているのかどうか、女性であれば住み込みの物件のセキュリティや女性寮の有無も確認しておくことがおすすめです。

住み込みの場合はどのように働くのか

基本的に住み込みの仕事であっても、一般的な工場勤務の仕事とほとんど変わりはありません。仕事をしている時間帯以外は自由に過ごすことができるので、飼える場所が自宅ではなく住み込みの場所になっている程度の違いです。

ただ住み込みの場所や企業によっては何らかの制限や条件が設けられているところもあるので、条件などによっては何時までに住み込みの場所に戻らなければいけないのか、何らかの役割分担が必要なのかが設定されています。

ワールドインテックの求人情報なら