世界中で活躍できる!外資系の会社で働くポイント


外資系の会社への転職前に役立つキャリア診断

外資系の会社は、国内の企業とは大きく異なる評価のシステムや賃金体系が採用されているところが多く、転職先の候補を探すにあたり、会社ごとの特徴を上手く把握する必要があります。例えば、営業職や企画職、総合職などの経験が豊富な人であれば、外資系の会社に転職をした後にキャリアを存分に生かせることがあるため、妥協をせずに会社選びをすることが大切です。また、自分に合った職種を調べるために、外資系の求人に特化した転職サイトを使って、専門のコンサルタントに相談をして、キャリア診断をすることもおすすめです。なお、大手の外資系の会社の中には、第二新卒者などの若手の採用に力を入れているところも増えており、ポテンシャルの高さに自信がある場合には、積極的に入社試験にチャレンジをする価値があります。

高い英語力が求められる外資系の会社に転職するには

国内外に多くの営業所のある外資系の会社に転職をする場合には、仕事の中で外国人の同僚や顧客と英語でコミュニケーションを取る機会が多くなることがあるため、早期にビジネス英語の学習を始めることが大切です。多くの応募者が集まる外資系の会社の中には、入社試験での際に英語の面接が数回ほど行われるところもあり、語学力の高さや人柄、性格などが厳しくチェックされることがあります。特に、志望動機や前職での実務経験、入社後の抱負については、突っ込んだ質問をされることもあります。そこで、他の受験者に差をつけるために、通信講座や英会話スクールなどを利用して、正しい英語の表現の仕方をマスターしておくと良いでしょう。

外資系の転職を成功させるにはなんといっても実力が必要です。そのため、ある程度日系の企業で実力を上げてから転職する方が長く勤めれるとも言えます。