マンスリーマンションのメリットデメリットとは?


マンスリーマンションのメリット

マンスリーマンションのメリットは、家具や家電が揃っているので、着替えのみで入居することができる点です。また、月単位や週単位で借りることができ、敷金や礼金を支払う必要がないので長期出張や入院患者の看病などに適しています。さらに水道光熱費が賃料に含まれているので割安感がある点もメリットの一つであるといえるでしょう。他にもマンスリーマンションは、保証人が不要な物件が多くあり、入居審査などが非常に甘いので、保証人になる人がいなくて普通の賃貸を借りることができない人にもメリットがあります。

マンスリーマンションのデメリット

マンスリーマンションは安いというイメージがありますが、長く借りないと賃料が安くならないというデメリットがあります。地域によって異なりますが、マンスリーマンションは1ヶ月借りる場合だと10万円ほどかかってしまうことがあるので注意が必要です。しかし利用月数が3ヶ月や6ヶ月になると、1ヶ月当たりの賃料が5~6万円になることがあります。したがって自分が借りたいと思う期間の賃料はどのくらいになるのかをよく確認してから利用することが大切です。

他にもマンスリーマンションのデメリットとして、賃料が前払いになることが多いので初期費用が多くかかってしまう点があります。またマンスリーマンションは審査が甘いので、入居者のモラルが低いことがあるので注意が必要です。

マンスリーマンションは気軽に住むことができますが、デメリットもあります。これらのデメリットをよく理解した上で利用するかどうかを決めましょう。

マンスリーマンションとは、週や月単位で契約できる賃貸物件で、家具家電付きがほとんどです。荷物は着替えだけという気軽さと、「自分の部屋」という落ち着きを併せ持つところが魅力です。単身者向けです。